口臭

口臭

口臭チェッカーや歯磨き粉などによる対策法についてまとめてみました。

口臭対策

口臭対策に歯磨きは欠かせません。歯についた食べ物は数時間で悪臭を放つようになるので、それまでにはしっかりと歯磨きをして清潔にするようにする必要があります。

ただ、一般的な歯ブラシでは歯の表面を磨くことはできても、食物が入り込んだ歯と歯の間を磨くことはできません。歯科医は糸ようじの使用を推奨していますが、その糸ようじと同じくらい歯と歯の間まで磨くことができると人気の歯ブラシを見つけました。

累計42万本もの販売実績がある歯ブラシ職人による「ころころ歯ブラシ」は、歯ブラシ職人自身の歯槽膿漏の悩みを改善したという製品です。

口臭チェッカー

タニタから口臭チェッカーが販売されています⇒タニタ ブレスチェッカースリム

口臭は自分では気づきにくく、人も指摘しにくいので気づかないまま人に不快な思いをさせてしまいがちです。人が人を嫌う原因として悪臭は常に上位にきているので、自分の口は臭いくないか常に意識しておきたいものです。このタニタの口臭チェッカー「ブレスチェッカースリム」は、息を吹きかけるだけで臭いの判定(6段階)ができるので便利です。

ただ、購入者のレビューでは賛否両論があるので、購入の際には確認をしてみることをオススメします。中には歯磨き後の方が数値が高かったというようなコメントもありました。ただ、セルフチェックができるという点では便利なものなので、今後更に信頼度の高い製品が登場することに期待したいところですね。

子供 口臭

赤ちゃんの頃は唾液がたくさん出ていたので歯磨きをしなくても臭いは全くしませんでしたが、普通食になるくらいからは子供も歯磨きをしないと口臭が酷くなってしまうので注意が必要です。

ただ、親が丁寧に子供の歯磨きをしていても口臭を感じたりしますし、自分で磨くような年齢になるとさらに臭いが増しているように感じる親御さんも多いかもしれません。子供もしっかりと歯磨きが必要ですがなかなか上手に磨くことができないというのが一般的です。

うちの子も口臭が気になってきたので何か良い方法はないかと調べてみたところ、歯磨き粉を替えてみることにしました。もともと子供用の歯磨き粉に含まれる成分が気になっていたのですが、無添加で、しかも虫歯にならない子しかもっていない「BLIS M18」という成分を含むBRIANという歯磨き粉に替えたところ、臭いもなくなりました。今のところ虫歯もないのでとっても助かっています。

BRIAN(ブリアン)公式ページ
↓↓↓

口臭 トップへ戻る